短期工場求人の選び方

給料だけでなく待遇も重視

短期の工場求人は繁忙期に募集されることが多いため、全体的に給料は高めに設定されています。未経験者は日給1万円前後が相場で、経験者や資格保有者はさらに高給が望めます。そのため、どうしても基本給である日給や時給を基に仕事選びをしてしまいがちですが、給与だけでなく待遇も重視する必要があります。工場の中には期間中に従業員が無料で住める寮を用意しているところや、お祝い金を用意しているところなど、従業員に嬉しい措置を取っていることがあります。寮に住めば交通費を浮かすことができ、トータルで数万円の差額がでてきます。お祝い金も15万円から30万円ほどが相場なので、もらえるのともらえないのでは大きな違いがあります。

ガッツリ稼ぐなら深夜や早朝勤務

繁忙期に募集される短期の工場求人では、工場を24時間稼働させているところが多くシフト制となります。短期でガッツリ稼ぎたいなら、手当のつく深夜や早朝勤務の仕事を選ぶと良いでしょう。長期間の深夜・早朝勤務は身体的な負担も大きくなりますが、短期間ならゴールが決まっているので頑張ることができるはずです。日中勤務よりも2割から3割増しの給与になるので、働き方によっては1ヶ月に10万円以上の差がつきます。特に、力仕事が多い車工場などはもともとの給与も高く設定されているので、深夜・早朝勤務はかなりの高給を期待することができるでしょう。ただし、途中で挫折しては意味がないので、自分ができる職種を選ぶことが大切です。