短期工場求人のデメリット

必ず求人が出るとは限らない

短期の工場求人は多くの場合、繁忙期の人手不足を解消する目的で出されます。一部の業種は特定の時期に繁忙期が発生するので比較的働きやすいと言えますが、それでも必ず求人が出るとは断言できません。景気の影響や会社の方針など様々な理由で短期求人が中止になる可能性があります。また、求人が出ても人数制限が設けられるケースは珍しくありません。広告に気が付いて問い合わせても、すでに予定の人数に達していたので採用されないという事態に陥ることがあります。短期の工場求人は単純作業が多いので未経験者でも働きやすい反面、安定性に欠けていると言えるでしょう。以前の同じ時期に求人が出たからと言って、現在も必ず求人が出るとは限らないことを把握する必要があります。

将来に役立つ技能を習得できない

短期の工場求人は多くの場合、特別な経験や知識を必要としない単純作業が主な内容になります。工場で働いた経験がない人でも難しくありませんが、一方で今後の転職やスキルアップに役立つ仕事とは言い難いのも事実です。簡単な作業を何度もくり返す仕事は確かに楽ですが、自分の頭で考えて行動する機会は必ずしも多くありません。マニュアル通りに作業を繰り返すだけで一日が終わることも珍しくないことから、何らかの技能を習得できるわけではないと言えるでしょう。すべての短期求人が必ずしも単純作業の繰り返しとは言い切れませんが、将来に役立つ特別な技能を得られる機会は非常に少ない事実は否定できません。

短期間でたくさんお金を稼ぐなど、明確な目的を持って臨むのが求職者に求められる姿勢と言えます。